PLT

PLTウォレットアプリの使い方

PLTウォレットで主にできることは、以下の通りです。

  1. ウォレットの作成
  2. ETH、PLTの送金とブリッジ
  3. PLTのステーキング
  4. PLT Placeのアカウントと紐づけ

PLTウォレットとは、稼いだPLTの保管場所

PLTウォレットとは、ELF Masters(エルフマスターズ)やDe:Lithe Φなどで稼げる暗号資産「PLT(パレットトークン)」の保管場所です。

PLTウォレットがなければ、ゲーム内で稼いだPLTを受け取れません。

PLTウォレットを作るときのおすすめ手順

PLTウォレットアプリでは2種類のウォレットを作ることができます。

  • ゲームで稼いだPLTを受け取る「pPLTウォレット」
  • 仮想通貨の取引所とpPLTウォレットを中継する「ePLTウォレット」

ウォレット作成の順番に決まりなどありません。

ありませんが、送金ミスを防ぐために以下の順番で作ることをオススメします。

  1. ETHウォレットを作成
  2. 1のアドレスでPLTウォレットをインポート

PLTウォレットの作り方

イーサリウムチェーン上のウォレット(ePLTウォレット)作成

先にETH用のウォレット(ePLTウォレット)の作成をおすすめします。
取引所から送金できるアドレスが、ETH用のウォレットだからです。

…僕は先にパレットチェーン上のウォレットを作った後、そのパレットチェーン上のアドレスに送金してしまいました。
後で見つかりましたが、「お金を無くした・・・」と思って焦りました。

初期画面

PLTウォレットの使い方 ETHウォレットの作成1

  1. 利用規約を読んで、点をタップ
  2. 「ウォレットを作成する」をタップ
  3. 「ETH」をタップ

入力画面

PLTウォレットの使い方 ETHウォレットの作成2

  1. ウォレット名を入力(文字数制限あり)
  2. パスワードを入力
  3. もう一度入力
  4. 「作る」をタップ
  5. 「ニーモニックをバックアップする」をタップ(「後でバックアップ」を選ぶとウォレット作成完了)

バックアップ画面(「後でバックアップ」で省略可能)

PLTウォレットの使い方 ETHウォレットの作成3

  1. 確認をタップ

PLTウォレットの使い方 ETHウォレットの作成4

  1. ニーモニックをメモする(紙に書いていいし、メモ系アプリにコピペしてもいい)
  2. 「バックアップしました」をタップ
  3. 左上から横方向の順に、該当するフレーズをタップ(一部のフレーズが下に隠れているのでスワイプ)
  4. 全フレーズを入力したら「バックアップしました!」をタップ

完了

PLTウォレットの使い方 ETHウォレット

ニーモニックの確認が終わるとウォレット画面に移ります。

ETH用ウォレットの特徴は以下の通りなので、確認してください。

  • トークンがETH、PLT
  • ステークボタンがない

パレットチェーン上のウォレット(pPLTウォレット)のインポート

次に、パレットチェーン上のウォレット(pPLTウォレット)を作成します。

インポートすれば、別チェーン上の同じアドレスでウォレットが作れます。
仮想通貨の送金ミスを防ぎやすくなるので、インポートのほうがいいです。

キーストア取得画面

ウォレットをインポートするには「秘密鍵」「ニーモニック」「キーストア」のどれかが必要です。

どれを選んでもかまいません。
今回は、一番手間が少ない「キーストア」を使います。

PLTウォレットの使い方 PLTウォレットのインポート1

  1. 「鍵」をタップ
  2. 「キーストア」をタップ

PLTウォレットの使い方 PLTウォレットのインポート2

  1. このウォレットのパスワードを入力
  2. 「確認」をタップ
  3. 「キーストアをコピーする」をタップ
  4. 左上の「<」をタップしてウォレット画面に戻る

管理画面

PLTウォレットの使い方 PLTウォレットのインポート3

  1. 右上のハンバーガーアイコンをタップ
  2. 「+」をタップ

キーストア入力画面

PLTウォレットの使い方 PLTウォレットのインポート4

  1. 「インポート」をタップ
  2. 「PLT」をタップ
  3. 「キーストア」タブをタップ
  4. キーストアの欄に、先ほどコピーしたキーストアを貼り付け
  5. ウォレット名の欄に、新しいウォレット名を設定
  6. パスワードの欄に、新しいパスワードを設定
  7. 「インポート」をタップ

なお、一度作ったアドレスを削除していた場合、⑤と⑥では以前の名前とパスワードが必要?(未確認)

完了

PLTウォレットの使い方 PLTウォレット

PLTウォレット画面が表示されます。

PLTウォレットの特徴は以下の通りなので、確認してください。

  • トークンがPLTのみ
  • ステークボタンがある

PLTウォレットアプリの3つの使い方

ETH、PLTの受け取り・送金・ブリッジ

ETHやPLTの受け取り・送金・ブリッジができます。

コインチェックなどの取引所からpPLTウォレットに直接PLTを送ることはできませんし、逆も同様です。
なぜなら、規格が違うため。

ゲームで稼いだPLTを換金するには、規格を合わせる(ブリッジする)必要があります。
PLTウォレットアプリでは、ePLTウォレットでブリッジすることで、PLTを取引所に送ることができるのです。

なお、国内でPLTを買える取引所はコインチェックのみ(2022/4/24時点)です。
(外国ならBybitでも扱っているが、日本円にできない)

あわせて読みたい

PLTのステーキング

ステーキングとは、簡単に言えば仮想通貨を預けて利子をもらうようなものです。

PLTは、PLTウォレットアプリを使ってステーキングできます。

銀行よりもはるかに利率が高いです。
その一方で、ステーキングまでの手数料も高め。

長期保有が前提の仕組みですね。

あわせて読みたい

PLT Placeのアカウントと紐づけ

あわせて読みたい


coming soon.